ZEHとは?

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)とは


太陽光などで創り出すエネルギ―が、家庭で消費するエネルギ―の量を上回ることで、ひとつの住宅の年間のエネルギーの消費量(一次エネルギー換算)を正味(ネット)でゼロ以下にする住まいのことです。

 «一次エネルギーとは»
自然界に存在しているままのエネルギーのことです。
これに対して、電気、ガソリン、都市ガスなど使いやすい形に加工したものを二次エネルギーといいます。

 

断熱



エネルギーを極力必要としない断熱性能
 
省エネ


省エネ設備を最小限にしてエネルギー消費を減らします。

創エネ



 
太陽光パネルでエネルギーを創り、電気使用量≦電気発電量にしてゼロエネにします。
 
 
 

※しかし、都心狭小地などでは土地面積、延床面積、日照時間、屋根面積が限られていて1次エネルギー収支がゼロにならない(消費の方が多い)住宅があります。「NearlyZEH] といいます。
★正味で100%省エネを達成したものを「ZEH」
☆正味で75%省エネを達成したものを「Nearly ZEH」

ゼロエネルギーハウスを実現


断熱性の高い住まい、高効率エアコン、LED照明などの省エネ、太陽光発電による創エネをコントロールする「HEMS」を活用することで先進的なゼロエネルギーを実現します。

ZEHビルダー登録のお知らせ


 SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)おいて、ミズタニハウスは 「ZEHビルダー登録」を承認されました。
 
 ZEHビルダー登録なしでは、ZEH住宅の補助金を受け取ることができません。
 2020年には新築住宅の50%以上がZEH(ネットゼロエネルギーハウス)になり、
 今後、国の方針でZEH(ネットゼロエネルギーハウス)が義務化になります。
 ミズタニハウスはZEHビルダーとして、ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)の普及・周知に取り組み、お客様の満足のいく家造りに努めてまいります。

ZEH普及目標及び実績

 
 ミズタニハウス ZEH目標公表 及び実績



 ミズタニハウスウが受注する住宅のうち
  2016年(平成28年)から2020年(平成32年)までに50%以上とするZEH普及目標を掲げ下記のように公表します。
 2016(平成28年)10%
 2017(平成29年)20%
 2018(平成30年)30%
 2019(平成31年)40%
 2020(平成32年)50%
 
【実績】
 2016(平成28年)0%
 2017(平成29年)0%
    2018(平成30年)0%
 



・周知・普及に向けた具体策
   ZEH完成後、内覧会を行いパンフレットを配布「ZEHとは?」どういうものかを説明します。
   HP・チラシ・パンフレットなどで紹介していきます。
・コストダウンにむけた具体策
   ZEH仕様にシンプルに設計し、外皮性能、設備を標準化しコストダウンを目指していきます。
・その他の取り組み
   ZEH住宅の勉強会などに積極的に参加し技術の向上に努めます。
 

ZEHをうけるためには?



 申請する住宅は ”SII” (環境共創イニシアチブ) に認可を受けたZEHビルダーで建てなければ、
 ZEH補助金の要件を満たしていても、補助金を受けることができません。 
 ここが重要なポイントです!!